NTR、人妻好きが多すぎる!皆さんそんなに他人の嫁を寝取りたいのか!?

NTR、人妻・熟女好きがとにかく多過ぎる!!

エロには多くのジャンルがあるのはご存知の通りだ!

 

単純に身体的特徴であれば、

巨乳、貧乳、太もも、おしり、

などなど

 

細かなプレイ内容の好みで言えば、

フェラ、パイずり、足コキ、アナル、中出し、

などなど

 

全体のプレイ内容としては、SMやスワップ、3P。

 

そして、人の属性で言えば、

人妻、熟女、ギャルやヤリマン。

 

もう言い出したらキリがないほどにジャンルがあり、更に漫画になってくると、触手やふたなりなど、想像上の産物まで出てくるので、その数は計り知れない!

 

ナゼこれほど多くのジャンルがあるのか?

 

これらは要するに、単純なエロだけでは物足りない!って事を意味している。

 

「ただヤルだけとかつまんない!」

エロは、何かに結び付けて楽しむのが、現代人の嗜みという事だろう!

 

そこで一つ疑問が湧いてくる。

 

星の数ほどあるエロのジャンルの中で、その頂点に立つのは、一体何だろうか??

FANZA(旧DMM)の発表したエロの人気ジャンルがヤバイ!

 

NTRや人妻好きが余りにも多い

 

 

 

NTRや人妻好きが余りにも多い

 

上記はFANZAが発表した、エロの人気ジャンルだ!

 

一見すればわかるが、多くの人間がその圧倒的な人気さに笑いを堪えきれなかったと思う!(笑)

 

最強の名を欲しいままにしたのは。。。

 

寝取られである!!

 

いやー、正直な話、最強とは思っていたが、ここまで圧倒的とは思わなかったのでビックリである。  

 

2位の人妻も、ほぼ寝取られの仲間みたいなものなので、その圧倒的な人気を補足したに過ぎない点も笑えて来る。

 

人から奪う事がいかに満足度を高めるのか。

 

禁止された事がいかに人を引き付けるのかが分かるだろう。

 

寝取り、寝取られ、人妻の魅力について余すことなく説明しているサイトがあったので紹介しておこう。   

 

集まれ!人妻テレフォンセックス愛好家
https://www.waltswoods.com/

 

解体新書ってレベルに分析されているので、後学のためにも一度目を通しておくと良い!

 

 

寝取り、寝取られと、人妻についてはソチラに譲るとして、その他について見ていく。

 

まず、

若者の間で人気を誇るのが、「催眠」

のようだ!

 

コチラは、自分の意のままに人を操る事を意味しているのだろう。

 

普段、誰しもが他人の目を気にして生きているので、自分の好きにしても全く問題ない世界というものに魅力を持つというのは分からんでもない。

 

またランキングにチラホラ見える「調教」なども、このジャンルと通じるところがある。

 

ワタシとしては驚きだったのは、「女装、男の娘」というジャンルだ!

 

ジャンル自体は知っているものの、これほどまでに人気が高いのにはビックリした!

 

これには、自分の勉強不足を痛感させられた。

 

このジャンルが人のどの部分を刺激するのか、今後研究していかなければならない。

 

ぜひ誰かにレクチャーしてもらいたいものである。

 

また、

意外と高ランクに居るのが「母親」

だ。

 

年代別でも関係なく高いランクに位置しており、コチラにも正直驚かされた!

 

DMMという事で、すでに客層に多少の偏りがあるのかもしれないが、それにしても、ここまで「母親」が高いと、ちょっと恐ろしい気もする。

 

だがしかし、実際に見てみれば、きっとその魅力が分かってくるだろう。

 

コチラについてもしっかりと研究していく必要があるだろう!

 

アナルについては、年代が上がるごとに順位を上げていく。

 

既に普通の穴に飽きた結果、次の穴を狙いたくなるという事だろう。

 

この辺は非常に分かりやすく、面白みを感じる!

 

それなりに高い位置に、スカトロがある点にも驚かされた。

 

これもどう捉えていいのか・・・。

 

相手に強いるスカトロなのか、むしろ自分が感情移入する形でスカトロなのか、その辺りについて、せめて研究してみたい。

 

その他にも色々と興味深い所があったが、皆はどこに興味を持ったのだろうか??

 

例えば、リアルとコミックでは、見た目は大きく変わってくる。

 

コミックのおしっこと、AVのおしっこ、そして実際に目の前で見るおしっこでは、それぞれ大きな違いがあり、

リアルから離れれば離れるほど、欠点部分が消えていくので、

そういった点も併せて研究していく必要がある。

 

しかし、欠点さえ抜けば純粋なエロが残る事を思えば、自らの新しい性癖を見つける良い機会かもしれない!

 

なので、もし自分が興味ないジャンルだとしても、大きな支持を得ているジャンルについては、是非とも一度鑑賞してみると良いだろう!!